一般規定

ベトナムでは、投資活動を調整する法律システムは2005年11月29日に国会で採択され、2006年7月1日から発効する投資法と企業法がある。

1. 投資各形態の概念

- 直接投資は、投資家が投資資本金を投入して投資諸活動を直接管理・運営する投資形態である。

- 間接投資は、投資家が株券、株式、債券と他の有価書類を購入するか、又は証券投資基金のような中間金融組織を通じて購入し、投資活動の管理・運営に直接参加しない投資形態である。

2. 投資形態:

2.1. 直接投資形態:

国内投資家の100%資本金、又は外国投資家の100%資本金経済組織の設立

 国内投資家と外国投資家の合弁経済組織の設立

BCC契約、BOT契約、BTO契約、BT契約形態による投資

経営事業開発投資

投資活動管理に参加するための株式購入、又は出資

企業併合と買収事業を目的とする投資 

2.1.1. 経済組織設立の投資

企業は企業法に従い設立され、活動する。

信用機関、保険事業、投資ファンドやその他の金融機関は法律の規定に従う。

収益投資活動を行う保健サービス、教育、科学、文化、スポーツ施設、他のサービス施設

他の経済組織は法律の規定に従う。

2.1.2.  契約による投資

投資家は、生産協力、利益配分、産品分与のためBCC契約締結と他の経営協力形態を認められる。

投資家は、交通部門、電力の生産と経営、給水・排水、廃棄物処理並びに政府首相の規定による他分野における新規プロジェクト、インフラプロジェクトの拡大、近代化並びに運営を実現するため権限ある政府機関とBOT契約、BTO契約、BT契約を締結する。

2.1.3. 経営開発投資

経営規模の拡大、経営効率、能率の向上

技術刷新、産品の質的向上、環境汚染の減少

2.1.4. 出資、株式購入、合弁、買収

投資家はベトナムにおける会社、支社への出資、株式購入を認められる。

投資家は会社、支社の併合、買収を認められる。

2.2. 間接投資

株式、証券、債券並びに他の有価書類の購入

証券投資ファンドを通じて

他の 仲介金融機関を通じて

3. 経済団体設立と投資プロジェクト実施

a) ベトナムに初めて投資する外国人投資家は投資ライセンスを獲得するために投資プロジェクトを立案し、投資手続きを実現しなければならない。投資ライセンスは経営登録証明書でもある。

b)  外国人投資家がベトナムでの投資ライセンスを発行された場合

-  新規投資プロジェクトがあって新規経済組織を設立しない場合、投資ライセンスを発給するために投資手続きを実施する。

- 新規経済組織設立に繋がる新規投資プロジェクトがある場合、経済組織設立と投資の手続きを実施する。

4. 使用言語

ベ トナム政府機関に提出する投資プロジェクト書類と正式文書はベトナム語で作成し、外国資本金があるプロジェクト書類の場合、プロジェクト書類と文書はベト ナム語か、或いはベトナム語と通用外国語で作成する。ベトナム語版と外国語版が異なる場合、ベトナム語版を適用する。

 
 |  Top

 
 
 
 
Cua lo travel
Skip portletPortlet Menu
 
VE MIEN VI GIAM
Skip portletPortlet Menu
 
 
外国為替レート
Skip portletPortlet Menu
通貨
ゴールド
 
ゲ・アン地方の天気予報
Skip portletPortlet Menu

VINH CITY

Source: yahoo.com